Libshop ブログ

パリのLibshopレストランとレバノンからのすべてのニュース。

ベイルート

レバノンの芸術と文化
ジヤード

ベイルートの必見スポット、サーソック博物館に注目

ベイルートのサーソック博物館へ向かいます。 20 世紀初頭に有名なアクラフィエ地区に建てられたこの邸宅は、レバノンのベイルートにある現代美術館です。サーソック美術館は、裕福な美術収集家であった所有者ニコラス・サーソックの死後、自宅を展示スペースにしたいという彼の希望に従い、1961 年に開館しました。彼は 1912 年にそれを建てました。屋外では、2 つの大きな記念碑的な階段の下のアーチが中 2 階に向かって開いています。外観は、ヴェネツィア様式とオスマン様式が融合したレバノン建築のモデルです。 1912 年に建てられたこの建物のオリジナルの建築様式を保存するために、建築家らは 20 メートルの地下を掘り、そこに書店、講堂、展示スペース、保存修復室を設けました。修復されたステンドグラスの窓が虹色に輝く純粋なラインの廊下は、純粋にアラビア風に作られた木工品を備えたラウンジにつながっています。サーソック博物館では、前回よりも素晴らしい展覧会が開催されています。このセリフが書かれた当時、パリのピカソ美術館には、家族をテーマにしたコレクションから約20点の作品が展示されていた(2019年9月26日から1月6日まで)。

続きを読む "
jaJA